化粧品OEM

成分の効果・効能が最大化する【世界特許】ラメラテクノロジー

ラメラ構造製剤の最終治療補助効果

ラメラ構造製剤の最終治療補助効果グラフ

基剤だけで患者の93%に肌改善効果あり

ラメラ構造製剤の効果に関する臨床評価を東邦大学医学部皮膚科において、平成16年1月から平成16年4月の4ヶ月間に実施した。クリーム(ラメラ構造)を用いて、アトピー性皮膚炎、主婦疾患、老人性乾皮症をもつ患者で臨床評価を行なった。 最終治療補助効果が示す通り、ラメラ構造製剤の安全性は皮膚科医のテストで十分に確認された。 潤い効果の持続するラメラ構造製剤は肌改善効果が高いばかりでなく、皮膚安全性も高く、アトピー性皮膚炎の患者にも治療補助効果があることが証明された。

L-アスコルビン酸-2グルコシド(AA-2G)の経皮吸収度

ラメラ構造製剤の最終治療補助効果グラフ

薬剤の経皮吸収度が従来品の約2倍!

赤の一般的な粒子系クリームに比べ、青のラメラ構造クリームは、ビタミンC(AA-2G)の経皮吸収度が2倍近くあることを確認した。

研究者情報

鈴木喬

東京理科大学理学部卒業。
株式会社資生堂入社、基礎化粧品、医薬品の外用剤開発に従事。皮膚に安全で安定性の優れた乳化法の開発。株式会社資生堂退社。 現在、皮膚臨床薬理研究所において、ラメラ構造をはじめナノテクノロジーを極めた基礎化粧品の開発にあたる。

伊藤健三

東京理科大学理学部卒業。
株式会社資生堂に入社、基礎化粧品、サンケア、ボディケア化粧品、乳化ファンデーション等多岐に渡る製品開発研究に従事。株式会社資生堂退社。 現在、皮膚臨床薬理研究所において基礎化粧品、サンケア、ボディケア化粧品、乳化ファンデーション等多岐に渡る製品開発にあたる。

北澤秀子

化粧品をはじめとする美容全般の研究に長く携わる、ヒト頭皮による発毛、育毛のための施術研究、表情筋のトレーニングの啓蒙、肌のカウセリングの分野でも活躍。 現在、皮膚臨床薬理研究所株式会社相談役。

美髪シャンプーの嘘

著書:「美髪シャンプーの嘘」幻冬舎より
2011年5月27日発行

伊藤順也

関東学院大学工学部卒業。
株式会社生野製作所入社、生産技術として電子部品関係のめっき加工、中国工場の技術指導に従事。株式会社生野製作所退社。 現在、皮膚臨床薬理研究所株式会社代表取締役。基礎化粧品の研究開発にあたる。

製造品種

創業以来27年、肌に安全な物を求め、天然原料、合成原料にこだわらず、毎日使い続ける化粧品だからこそ、真に安全な薬剤、基材を追求し、お客様の要望に沿った、お客様のニーズに合った製品作りを行なっております。

開発品目例

製作フロー

製造の流れ

製作フロー